投資力

FXと仮想通貨(ビットコイン)比較してみたけど看護師がやるならFXかな。

皆さんこんにちは

裏看護師長です

今回は、株式投資に慣れてきた看護師や、投資に興味を持ち始めて少し勉強してみると出てくる
「FXと仮想通貨(ビットコイン)ってどっちをやるべき?」という疑問について話していきたいと思います。

私は株式投資に少し慣れてきた段階でFXに興味を持ち、少し勉強してみたのですがその時に仮想通貨の波がひそかにきており、「もしかしたら仮想通貨をやった方が稼げるのでは?」と思いはじめ、どうせやるなら稼げる方を!と思い比較してみました。

その結果、「看護師がやるならFXかな」という結論に至ることができ、今ではFXのみに自分の集中力を注ぎ、確実な成果を出すことができています。

この結論に至るためにはFX派の意見と仮想通貨派の意見の両方を理解した上で、

  • 資金
  • リスク
  • 時間

この3つの視点でそれぞれの投資対象について考えていく必要があります。

看護師と一概に言っても、性格や資金量は違うので自分にはどちらの投資が合うか、この記事を通して考えてみて下さい。

FX派の意見

先ずはFX派の意見を紹介していきたいと思います。

もちろん、FXをアピールする目的での意見なので、デメリットの紹介という点については欠けてしまいますが、できるだけデメリットも含めて紹介していきたいと思います。

少額から始められる

FXの最大の特徴は「レバレッジ」をかけられるという点にあります。

レバレッジというのは実際の資金よりも大きな金額を動かせる制度で、日本においては最大25倍までレバレッジをかけることができます。この制度のおかげで、少額の資金から始めることができ、自分の資金以上の大きな利益を出すことができるのです。

ただし、25倍の大きな利益を出せるというのは片方の側面であり、逆を言えば25倍の損をする可能性が秘められています。レバレッジをかける・かけないの判断や、かけるのであれば何倍までならリスクを許容できるかなど、具体的な金額まで落とし込んだ作戦を立てる必要があります。

看護師のFXは「してはいけない理由」を知っていれば怖くない! 皆さんこんにちは 裏看護師長です 今回は、看護師投資家がFXをしてはいけない理由を解説! ではなく、 ...

FXに関する情報が豊富にある

FXは仮想通貨と比較すると歴史が長いので、その分、蓄積されている情報やトレードのノウハウなどの量が桁違いです。

過去の傾向を知ることは未来の傾向を知る手掛かりの一つですから、世界が180度回転しない限り、蓄積されたデータや情報は今後のトレードに優位に働きます。それらを駆使したトレード手法のノウハウを公開した書籍が出版されていたり、FXに必要な情報を毎日配信している情報サイトなんかもあります。

もちろん、詐欺商材や情報なども多く出回っている分野ではあるのですが確かな情報をつかむことができれば、投資の成功率は格段に高くなります。

自動売買ができる

FXの注文方法は多種多様で、半自動的に取引ができるシステムが導入されています。

FXに限らず、投資の世界は自分の感情と上手く付き合えるかどうかで成功率が変わってくるのですが、自動的なシステムがあれば、自分の私情をはさむことなく効率的なトレードを淡々と繰り返すことができます。

この自動売買の良い点は「稼げる」とこではなく、「損切りができる」という点にあります。

勝てない投資家、負ける投資家はこの損切りができずに、負けをずるずると引き延ばし、最後にはもう取引ができないほどの損を出し、辞めていきます。

対して自動売買のシステムは、投資に一番邪魔な感情である「まだ大丈夫!これから上がる!」という根拠のない謎の感情を無視して、設定している金額になったら自動的に取り引きを終了してくれるので、損を最小限に抑えてくれます。

損を最小限に抑えて、利益を大きく伸ばす「損小利大」という投資の原則を自動的にできるFXトレードは、精神的に弱い人にとってもおススメの投資と言えます。

アイコン名を入力

自動売買システムはFXのトレードを成功に導く最強の武器になります!

安定した収益が見込める

FXはボラティリティ(値動き)が大きい方の投資の一種ですが、仮想通貨と比較すると小さいと言えます。

なので、1度自分の中でのトレードスタイルが確立してしまえば比較的安定した収益が見込めます。
「安定」を支えるのが、先ほどの自動売買システムなので、自分の調子が良いとか悪いとかに左右されないAIだという点にも好印象を持てます。

もちろん、世界各国の経済情勢によって値動きはあるもののFXは通貨の取引という形式上、仮想通貨のような爆発的な値動きはないので、堅実なトレードをしていれば大きく負けこともなければ大きく勝つこともありません。

これらのことから、仮想通貨に比べてリスク管理がしやすいという事は言うまでもありませんね。

仮想通貨派の意見

FXにも良さがありますが、仮想通貨にも多くの良さがあります。

よくビットコインという言葉を耳にすると思いますが、ビットコインは仮想通貨の一つであり、その他にも多くの通貨があります。仮想通貨に関する基礎知識や利益を出せる仕組みについては別記事にてまとめていくのでそちらをご参照下さい。

ここでは、FXと比較した際の仮想通貨派の意見。
つまり、仮想通貨のメリットを紹介していきたいと思います。

先行者優位がある

仮想通貨の歴史は浅く、

ビットコインの誕生は、2008年10月31日と言われています。

ナカモト・サトシなる匿名の人物が、インターネット上で発表した論文をもとに、有志となるエンジニアが集まり開発が開始しました。

ビットコインの歴史〜誕生から現在まで〜 (blockchainexe.com)

FXが1998年であることを考えると、まだまだ若い、未熟な市場です。
そのため、蓄積されている情報圧倒的にが少ないため、保守的な投資をしている多くの投資家は手を出しません。私もその内の一人で、多くの資産を仮想通貨につぎ込むことはリスクが大きく、不安定であると考えています。

つまり、投資人口が少ないという事が予想されますよね?

そのようなあまり成熟していない市場に早いうちから飛び込み、実践を積み、知識・技術をつけていける今の状況は「先行者優位」の状態にあると言えます。

もちろん、先行者であるが故に大きな失敗をする可能性だってありますが、その失敗ですらみんなが欲しい貴重な情報源です。仮想通貨への投資は投資以外の情報発信という角度からも利益を出すことができるというメリットがあります。

アイコン名を入力

先行者の道は険しいですが、失敗しても得られるものは多いです

FXよりも大きく稼げる

仮想通貨はFXと比較してもボラティリティ(値動き)が激しいため、上昇気流に乗ればかなり大きく稼ぐことができます。

実際のグラフを見た方が分かりやすいので載せておきます。

ソース画像を表示
https://mampuku748.com/wp-content/uploads/2021/05/image-275-1024×545.png

今は下落傾向にあるビットコインですが、100万円以下で買ったビットコインは4月中旬では約700万円にまで膨れ上がっています。

夢しかありませんよね?

実際この仮想通貨バブルで仮想通貨への参入者も増え、どんどん値上がりしていったのですが、落ち方も尋常じゃない…

一番低い時期から長期保有している人はそこまでのダメージではないかもしれませんが、仮想通貨バブルだ!と途中から買った人にとっては抱えきれないほどのダメージを負った事でしょう。そこからの相場は乱高下を繰り返しており、1日単位、もっと言えば数時間単位で大きく稼ぐチャンスと大きく損をする可能性のどちらかがやってきているという状況です。

相当リスクのある投資であり、もはや投資ではなく投機、何ならギャンブルの域なのでおすすめはしませんが、FXよりも多くの利益を出せる可能性を秘めているという事だけは言えます。

成長が見込めるため長期保有ができる

先程のグラフを見てもらうと分かると思いますが、仮想通貨は長期で見れば成長が見込めます
FXは成長が見込めない市場なので長期投資はあまり意味がありませんが、仮想通貨は長期保有という選択肢も用意されているのです。

もちろん、仮想通貨の歴史は浅く、株式市場のように百年単位でみても右肩上がりな相場になるかどうかは全く見当がつきませんが、諸外国ではビットコインを使った支払いが可能なお店が増えてきていたりと、仮想通貨がスタンダードになりつつあります。

そのような点を加味すると、今後仮想通貨の価値は上がっていくのではないか?と個人的には考えています。

ここに関しては賛否両論あるので、必要な情報を収集して判断していく必要がありますが、今後伸びる!と思えたときには、今の高値は10年後、20年後の安値になるので長期投資目的で仮想通貨への投資を選択肢に入れるのは大いにありだと思います。

看護師はどちらを選択するべきなのか

両者の意見を踏まえ、どちらを選択すべきか何となく見えてきましたか?
少し見えてきたという方もいれば、逆にどっちにしたらいいか分からなくなってしまったという方もいるでしょう。そんな方へ向けて、両者を比較する際に考えるべき3つの視点から、再度、一緒に検討していきたいと思います。

その3つの視点とは以下の3つです。

  • 資金
  • リスク
  • 時間

これらの視点からFXと仮想通貨はどちらがいいの? に対する答えを探していきます。

【前提】株式投資ありきで考える

3つの視点に入る前に、前提として忘れてはいけないことがあります。

それが、「株式投資ありき」で考えるという事です。

FX、仮想通貨への投資も立派な投資だとは思いますが、看護師投資家の投資の優先度的にはかなり低いです。まずは王道ではずれのない、リスク管理がしやすく、市場としてもほぼ確実な成長が見込める株式や投資信託への投資が第一優先であり、資産運用の生命線です。

ここをやっていないのであればまずは株式投資から始めていきましょう。

FXや仮想通貨は二の次、三の次であることを大前提として考えていきましょう。

アイコン名を入力

絶対に譲れない大前提!!
NISAなどで非課税のメリットを受けられるという点でも絶対に外せません!

使える金額を考える

先ずは一つ目の視点である「資金」について考えていきましょう。

  • あなたが投資に使える資金はどのぐらいありますか?
  • そのうち、株式投資にどのぐらい使っていますか?

そう考えたときに、看護師のあなたが手元に残せる金額というはかなり低いのではないかと思います。

毎月で考えると、25万円の給料に対して少なく見積もって15万円の生活費、自分のお小遣い、株式投資に5万円の積立、貯金と考えるとほとんど残らないですよね?

そうなのです。ここで言いたいのは、無理してFXや仮想通貨に手を出す必要はないという事です。
早く大きく稼ぎたいという気持ちは痛いほど分かるのですが現実を見ると厳しいことが分かりますが毎月5万円の株式投資と貯金があれば、10年後には手堅く1000万円の資産を作ることができます。
なので看護師においては焦らないという事が重要になってきます。

ですが、副業をしている優秀な看護師は話が違います。

勇気を出して、人生を本気で変えようと一念発起し副業を始め、収益を出し始めた看護師であれば投資に回せる余剰資金を作り出すことができます。

その収益の額は人によって大きく変わってきますが、月に5万円であれば現実的に達成可能です。月に5万円をプラスで投資に回せるのであれば、レバレッジを利かせて取引ができるFXの方が合っているのではないかと思います。

【月5万円の上乗せ】看護師が収入を増やすにはやっぱり在宅副業! 皆さんこんにちは。 裏看護師長です。 今回は、 現在の看護師としての収入に満足していない不満ではないけど、もう少し収...

取れるリスクを考える

次に考えるべきは「リスク」です。

どんな投資でも、一番大事にしなければいけないのが「リスク管理」です。

リスク管理ができない投資家で成功している人は見たことがありません。
見たことがないどころか、取り返しのつかない損失を抱えている人もたまに見かけますし、ネット上でネガティブな発言をしている人は大体リスク管理ができていないと思ってもらってかまいません。

優秀な投資家は、ジャンルや規模・時期・国単位でリスクを分散させているので、どこかがダメになってもどこかで支えることができます。そのため、安定した利益を出し続けることができるのです。

しかし、私たち看護師投資家は先ほど計算した通り資金が圧倒的に少ないです。
副業をしていれば話は変わりますが、給料のみであれば株式への投資が精一杯FXや仮想通貨に回す資金がありません。

ですが、それでいいんです。

問題なのは株式投資においてしっかりとリスク分散ができているかどうか。

この基盤があってこそ、FXや仮想通貨といった「リスク資産」にも目を向けることができるのです。

そのため看護師投資家は、

  1. 株式投資を安定させる
  2. リスク資産はやらないという選択肢を持つ
  3. それでもやりたい場合は比較するとボラティリティの低いFXをやる
  4. ハイリスク・ハイリターンを求めてボラティリティの高い仮想通貨をやる

という順で手を付けていくのがいいのではないかと思います。

使える時間を考える

最後の一つは少し毛色が変わって、投資に使える「時間」を考えていきます。

私たち看護師は日々の業務が忙しく、コロナの影響でその忙しさは以前にも増しています。時間外労働を避けられない病院も多々あり、自分のプライベートな時間を削られていることと思います。

そんな中で、休息の時間や副業の時間を確保しつつ、投資にまで多くの時間を割くことはできませんよね?

なので、投資にかける時間は短い方が望ましいのですが、FXと仮想通貨を比較するとどうでしょう?

FXは、最初はなれるまでに時間がかかるかもしれませんが、自分のスタイルが確立してしまえば、あとは自動売買のシステムを作ってしまい、それをポチれば取引終了という時短スタイルを作ることができます。

一方仮想通貨はそのような機能はない上に、この間のような、一晩で30%の下落なんていう危機がいつ訪れるか分からないという状況です。常に構えている必要があり、時間はもちろんのこと、精神的にもすり減らされてしまいますよね…

アイコン名を入力

時間はあなたが思っているよりも大事な資産!
誰しもが平等に与えられている1日24時間という大切な資産をどう使っていくかは、資産運用の一つでもあります。

結論:FX

以上、3つの視点でFXと仮想通貨を比較してみると、

看護師に合っている投資はFXだ

と声を大にして言う事ができます。

もちろん、一発逆転を狙って仮想通貨に取り組むのも一つの作戦ではあるのかもしれませんが、リスク管理ができなのであればそれはギャンブルです。パチンコや競馬、競艇をしているのと一緒だという事を頭に入れておいてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

FXと仮想通貨を比較すると、看護師投資家にはFXが合っているということが伝わりましたでしょうか?

きっと、FXをやろうと思っていた人にとっては背中を押されたと思いますし、仮想通貨をやろうと思っていた方の足を少し止めることができたと思います。

ですが、今回の記事で一番伝えたいのは、FX・仮想通貨のどちらをやるにしても余剰資金でやるという事。

あくまでも看護師投資家の基盤は株式(投資信託)への投資と貯金です。
10年後には手堅く1000万円という資産を手に入れることができますし、複利の力で20年後には2000万円なんかよりもっと大きな資産を築いている事でしょう。

自分のライフプランとも相談しながら適切な金額で適切なリスクを取りながら投資を楽しんでいきましょう!

看護師の貯金や投資に関しては当ブログでも紹介していますし、当ブログから出版している、
「貯金が下手な看護師が10年で1000万円貯めるまで」
「投資、始める前に読んでおけ」
という書籍もおすすめです! kindle会員の方は無料で読めるので是非読んでみて下さい!